山口県の周南市にある小学校です

歯みがき指導

f:id:fukugawa-es:20180711141800j:imagef:id:fukugawa-es:20180711141810j:imagef:id:fukugawa-es:20180711141820j:imagef:id:fukugawa-es:20180711141828j:image

   学校歯科医の三戸先生に、3年生が歯みがき指導をしてもらいました。みがき残しが赤くなる液体を使い、鏡で口の中を見て確認しました。その後上手な歯みがきの仕方を教えてもらい、赤いところが無くなるようにみがくことができました。歯ブラシは、毛が横にはみ出たら替え時で、1ヶ月程度で新しくする方が効果があるようです。毎食後みがくことが望ましいですが、難しいなら、夜寝る前だけは必ずみがいて欲しいと言われました。「8020運動」80歳で自分の歯が20本残るように、自分の歯を大切にしたいものです。